3000年以上の歴史をもつ中国古来の占術「易学占い」。卦(け)と呼ばれる64の結果を基に運勢や吉凶を占うことができる占術。現代ではコインやサイコロを使って占うことができます。今回はそんな易学占いの特徴や占い方・占い結果について詳しく解説していきます。

占いの種類

易学占いとは?~中国古来の陰陽思想に基づく六十四卦の解説~

更新日:

易学占い

易学占いは、初心者から熟練者まで、安心して取り組める優しい占いです。「易学占いってどんなことをするのかな?」と思っている初心者は、コインやサイコロなどの簡単な道具で、易学占いを学ぶことができます。

その一方で、あらゆる占いを究めた熟練者が、「易学は奥が深くて、生涯をかけて研究してもいいくらい」という内容のお話を、仰ることがあります。

もっとも手軽な易学占いの一つが、コインを6回投げて、6個の陰陽(裏表)を求めるもの。それだけで、今の自分の運勢が判ります。

易学占いは、古代中国の「陰陽思想」にもとづいているからです。

[PR]無料でお試し体験できる電話占い↓↓
電話占い 無料

易学占いとは

易学占いは、古代中国の占いです。「宇宙の根源は陰陽である」と考える陰陽思想の研究が、現在の易学占いに発展しています。古代中国には、自然現象の観察から生まれた思想や美術、文学がたくさんあります。

易学占いの根拠となっている易経・陰陽思想なども、古代中国の人たちが、自然観察をヒントに作り出したり、研究してきたものです。現代人は、自分の人生について考える時、本を読んだり、ネットで調べて研究します。

古代中国の人たちは、自分の人生について考える時、自然現象で観察したことをヒントに「こういう問題は、こう考えれば良いんだ」と、研究してきたのです。

易経

易経は、古代中国から伝わっている占いの本。六十四卦(ろくじゅうしけ)と呼ばれる64個の記号と、その記号の意味が判る本です。この易経の一覧さえあれば、易経占いがすぐにできます。

例えば、コインを6回投げて、裏は陰、表は陽として、記録しておきます。この記録をもとに、易経を参照すると、占いの結果を知ることができます。

6回とも陰だったら、坤(こん)。暗記しやすいように、「坤為地(こんいち)」という名前がついています。大地を意味するので、状況を静観した方が良いでしょう。という風に、考えます。

6回とも陰だったら、乾(けん)。暗記用の名前が「乾為天(けんいてん)」、天を表します。他にも、陰と陽の組み合わせによって、合計64種類のバリエーションがあります。暗記用の名前の他に、易経占いは欧米で定着しているので、英語名もついています。

本格的に易経占いを行う場合は、筮竹など専用の道具を使い、より複雑な方法で行います。占いの結果を見るために、易経を参照するところは同じです。

易学占いの種類

易学占いの種類は、主に2種類に分けられます。

1つは、筮竹など専用の道具を使って、熟練者が行う方法です。本筮法、中筮法、略筮法など、いろいろなやり方があります。コイン占いより多くのデータ(卦)を出して、複雑な占い方をします。

もう1つは、簡単な道具を使って、6つの陰陽を求めるものです。コインやサイコロ、鉛筆など、6回の陰陽を記録できるものであれば、道具はなんでもかまいません。6回の陰陽を記録して、易経の一覧を参照します。

さらに易学占いには、占う人の気持ちや精神状態がしっかりしていれば、占いの道具はなんであってもよい、という考え方があります。

道具も、気持ちも「普通」で大丈夫

易経占いの道具は、専用のものを買ってこなくても、コインやサイコロなど、普通の身近な品物で良いとされています。宇宙と一体となって、森羅万象が語りかけてくるメッセージを魂で聞き取るほどの精神の集中があれば、道具は何でも良い。ということらしいのですが、そこまでの精神集中ができるようになるのは、とてもたいへんです。(熟練者のお話を伺うと、そんな感じです)

実際には、そこまで緊張しなくても、大丈夫です。普通に落ち着いて占えば、普通に適切な答えが出ます。遊び半分や、ふざけて占うのはよくありませんが、「ちょっと今日の運勢を占ってみようかな」くらいのノリで、充分なようです。

易学占いのやり方

易学占いの占い師というと、「帽子をかぶったおじさんが、細い棒の束を持って、机の向こうに座っている」というイメージが強いようです。この棒の束は、筮竹(ぜいちく)という名前の竹の棒です。本格的な易学占いでは、この50本の筮竹を使って占います。

コイン占いに必要なデータ(卦)は、6つの陰陽ですが、こちらの易学占いでは、もっと多くのデータを使います。

易学占いに必要なデータは、「内卦」、「外卦」、「変爻」の3つ。「内卦」と「外卦」は、同じ手順で出します。「変爻」の出し方は、「内卦」「外卦」とほぼ同じですが、一部違う手順があります。

「内卦」と「外卦」の出し方

次の1~6の手順を、2回くり返して、「内卦」と「外卦」を出します。

1回目の1~6で出る卦が「内卦」。
2回目の1~6で出る卦が「外卦」です。

1.占う内容を一つ決めて、筮竹を50本を、一束にして自分の手前に持ちます。左手は、筮竹の下の方を持ちます。右手は、筮竹の高さの中央くらいに添えます。

2.ここで改めて、今回はこれを占う、という意識を明確にします。無心である、雑念がない、占いのテーマに集中した精神状態になったら、スタートです。

3.50本の筮竹の中から1本取り出し、掛肋器(けろくき)という器に差し入れておきます。ここで選択される筮竹が「大極」です。

4.残りの49本を、いったん扇状に広げたら、そのまま左右の手に分けて持ちます。筮竹の束を、左右の手に1束ずつ、合わせて2束持った状態になります。

5.右手の筮竹の束は、すべて掛肋器に差し入れて、そこから1本選んで抜き取ります。

6.左手の筮竹の束は、2本だけ取り出すのを、4回くり返します。合計で8本を取り出し、残った筮竹の本数が「内卦」です。

7.1~6をもう一度行って、「外卦」を出します。これで、「内卦」と「外卦」の両方が出そろいます。残った筮竹の本数と、卦の見方は次の通りです。

1=乾、2=兌、3=離、4=震、5=巽、6=坎、7=艮、8=坤

「変爻」の出し方

「変爻」を出すには、①の1~5の手順をくり返します。次に、6と同じことを行うのですが、「2本だけ取り出すのを、4回」ではなく、「2本だけ取り出すのを、3回」行います。合計6本を取り出し、残った数が「変爻」です。

1=初爻、2=二爻、3=三爻、4=四爻、5=五爻、6=上爻

これで、易学占いに必要なデータがすべて揃います。

コイン6個で易経を参照した場合、占いの結果は64種類です。ここに変爻の判断を加えると、占いの結果は、400種類近くなります。さらに、占ってもらう人が男性か女性か、年齢などによっても、占いの結果が違ってくる可能性があります。

占った時には、意味不明の占い結果が出たと思っていたのに、何年も経ってから、そういう意味だったのかと気づくことがあるそうです。これが、「易学は奥が深くて、生涯をかけて研究してもいいくらい」と言われる理由です。

-占いの種類

Copyright© 電話占いを無料でお試し体験!当たる電話占いランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.