九星気学とは、生まれた生年月日と干支・五行を組み合わせた占いです。運気のいい方位や吉・凶など知るために使われることが多く、現代では気になる人との相性や性格などを知ることができます。誰でも簡単にできるので覚えて試してみてください!

占いの種類

九星気学占いとは?~九星・干支・五行を組み合わせた性格・相性診断~

更新日:

九星気学占い

現代でも多くのテレビ番組や雑誌の中で占いコーナーは高い人気を得ています。

星座や血液型、名前の字画、タロットやトランプを使用したものなど、占いの手法も多岐に渡るといえるでしょう。
今回多くの占いの中から古代中国で誕生した九星術をベースに日本で進化を遂げた「九星気学占い」を取り上げて紹介します。

九星気学占いはのルーツとなる九星術は「人間は宇宙の影響を受けながら生きている」という東洋思想をベースにしたもので、日本には552年に伝わったとされています。

当時から「まつりごと」と呼ばれた行政の吉凶を占うことに用いられ、江戸時代には建物の吉凶を見る「家相」としても普及していましたが、明治・大正時代に「気学」として改められ現代に至ります。

九星術を日本にもたらした中国をはじめ、中国文化の影響を強く受けている香港、台湾、韓国では現在、紫微斗数四柱推命が受け入れられ普及しています。

四柱推命は日本国内でも一定の知名度を得ているものの、日本で最も盛んな占いとして挙げられるのは九星気学占いといえるでしょう。

[PR]無料でお試し体験できる電話占い↓↓
電話占い 無料

九星気学占いを構成する九つの要素とは?

九星気学占いでは生まれた瞬間に取り込まれる【気】が人生に強い影響を及ぼすと考えられています。生まれた年に【気】に最も影響力が強いと考えられる星を本命星と呼び、次に挙げる九つに分類されます。

・一白水星(いっぱくすいせい)
・二黒土星(じこくどせい)
・三碧木星(さんぺきもくせい)
・四緑木星(しりょくもくせい)
・五黄土星(ごおうどせい)
・六白水星(ろっぱくすいせい)
・七赤金星(しちせききんせい)
・八白土星(はっぱくどせい)
・九紫火星(きゅうしかせい)

本命星の名前で判るようにすべて数字、色、木火土金水の五元素に紐付けられています。

星は宇宙に浮かぶ星の意味ではなく【気】から影響される「気質」という意味である点が難解な印象を感じさせます。
さらに数字は時間を色は空間を指していおり、東洋の思想の特徴である「天と地の間には時間と空間が存在する」に由来しているものだといえます。

簡単に言うと時間と空間と五元素で構成される世界を流れる【気】を表しています。

つまり人生に大きく影響を及ぼす生まれたときに取り入れた【気】の持つ性質や雰囲気を判りやすく9つに分類したのが九星気学です。

この九つの星を軸に九星気学占いはさまざまな事柄を占うことができます。

九星気学で分かる事とは?

本命星の働きの影響を受け、生まれたときに授かった【気】の持つ性質や雰囲気から九星気学ではさまざまな事柄を知ることができます。

人生に於ける迷いや悩みの原因となるのは、本人の気質と周囲の人間や環境との相性に問題があると考える九星気学では、特に次に挙げるようなことを深く知り判断することができます。

本人の気質 生まれ持った天性の気質で本人も知らない無意識化に存在する性格など。
他人との相性 恋愛や結婚、職場での人間関係などの他人の気質との相性や関係の改善方法など。
方角の吉凶 進学や就職、転職などに影響する方向の吉凶や対処方法など。
家相の吉凶 人間関係や恋愛、結婚人生に関わる問題に対して、住いの風水から原因や対処法など。

 

どうしても解決することができない迷いや悩みがあると、気分がすぐれずふさぎ込みがちですが九星気学でその迷いや悩みの原因をみることで、解決の糸口を探ることができます。

祈りやお守りで直接問題を解決するのではなく、問題解決のヒントを掴むことができるのが、九星気学だと考えてください。

九星気学の3種類の基本要素とは?

九星気学では本命星によって本人の気質を探ることは既に紹介しました。実は生まれ年で定まる本命星以外にも重要視するものが2つあります。

1つは生まれ月で定まる月命星、そして月命星から見た本命星の傾きで定まる傾斜と呼ばれるものです。例えば独立心が旺盛な人は本命星から強く影響を受けています。

そうでない人は月命星の影響が強いと考えられます。但し未成年などの場合は社会システムの影響も強いため、本命星だけではなく月命星と併せて判断する必要があります。

成人の場合でも本命星、月命星の両方を併せてみることで、より深いところまで理解することができるといえるでしょう。傾斜は本命星や月命星では測ることができない要素を見る場合に用いられます。

「人の心の位置を指し示す」といわれるもので対人関係や相性をみるために必要なものとなります。

性格や相性は生まれた時点で決定している?

九星気学の基礎となる東洋思想では生まれる日時は本人の意思ではなく、親や代々の先祖の因縁によってきまると考えられています。

人は生れ落ちて自発呼吸を始めた瞬間に空気と共に周りに流れる【気】を取り込みます。これを「保気(ほき)」と呼び人生に非常に強い影響を与えるものとして捉えています。

誰もが【気】の影響を受けた気質を持っていることから根柢にある考え方や性格、それらが影響する相性は宿命的なものだといえるでしょう。

互いの相性が行ければ「意思の疎通に問題がなく」反対に悪い場合は「ソリが合わない」状況になってしまいます。

人は生まれ直すことができませんので、宿命づけられた性格や相性を根底から変えてしまうことはできません。しかし考え方や性格、行動パターンを知ることで無駄な衝突を回避することはできるといえるでしょう。

九星気学の種類とは?

現在、性格や相性以外で一般的に九星気学でみられている【気】の種類は次のとおりです。

旅行 九星気学で使用する気学盤では年周りや月周りによって変化する、方向の吉凶をみることができます。凶方向に向けて旅行に出る時期をみることで旅の安全性を測れますし、吉方向へ出かければ開運に繋がります。
転居 旅行よりも長期的な影響を受ける転居は、本人や家族と転居先の方向との相性や吉凶の確認が必要です。相性の悪い方向への転居はさまざまなトラブルの原因になると考えられています。
お水採りとお砂採り これは吉方向から運気を導くために行われるもので「拓気取り」と呼ばれています。吉方日、吉方時に吉方角の湧水や井戸水、神社でのお水採りや御神木の根元の砂を頂き自宅に持ち帰ることで、良い気の流れを持ち帰ります。

お水取りの容器は2本用意し1本はその場で飲み、もう1本を持ち帰るのが一般的です。大量に持ち帰っても意味がないのでほんの少しだけで大丈夫です。お砂採りが無理な場合は落ち葉を1枚頂く「木の葉採り」でも問題ありません。

家相 住いの気の流れや間取りの方角などをみる「風水」があります。九星気学も風水も古代中国をルーツとする点では非常に近い考え方をもっています。基本的な考え方は同じといっても過言ではないものの、九星気学は現代の住宅事情を考慮したものに少しずつ進化しています。

トイレなどは鬼門と呼ばれる北東や裏鬼門と呼ばれる南東に設置することを良しとしていませんでした。これは日当たりが悪く湿気がこもりやすい北東や日当たりが良すぎることからものを腐敗させる南東に水洗でなかったトイレを設置することが不衛生だったからなのですが、水洗化が進んだ現代では問題が解決されたと考えられます。

このように九星気学は現代生活にマッチするように進化した考え方で家相をみています。

-占いの種類

Copyright© 電話占いを無料でお試し体験!当たる電話占いランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.