初回無料(10分~20分)でお試し鑑定体験ができる電話占いサイトをランキング形式でご紹介しています。電話占いが初めてでやり方やどのサイトを選べばいいか分からない方のためにおすすめの当たる電話占いサイトばかりを掲載しているので、是非参考にしてみてください。

不倫の悩み

家族と不倫相手、どちらも好き…離婚の選択に迷ったときに考えたい5つのこと

更新日:

不倫 離婚
人に恋をすることは誰にでもあり、家庭を持っていても人を好きになるケースもあります。結果として自分を抑えられずに不倫になってしまう場合だけでなく、相手に迫られて関係が出来てしまう場合もあります。

注意したいのは、不倫関係はいつまでも続くものではないと言うことです。いつか考えて結論を出さなければならず、結論を先延ばしするほど予測不可能で収拾も不可能な自体になりかねないのです。

[PR]無料でお試し体験できる電話占い↓↓
電話占い 無料

元鞘か不倫相手か悩むのは家庭に不満がないから

元鞘か不倫相手か悩んでしまう場合は、家庭に不満がないケースがほとんどです。不満がないからこそ刺激が欲しいと思ってしまう瞬間や、安心感から気が緩んでしまう瞬間もあります。問題は、不満がない生活を手放して満足できるかどうかです。

人間は現金なもので、当たり前の幸せは手放してから大切だと気づくことが多くなります。不満のない生活を手放すと言うことは、新たなに不満を抱えるリスクを背負うと言うことでもあるのです。

実際に不倫相手を選んだら生活がどう変わるか考えてみるのも方法です。今まで当たり前だったことが当たり前でなくなります。また、離婚して不倫相手と結婚した場合、結婚後に不倫相手の態度が豹変することもあります。恋愛と結婚相手では見方が変わってしまうからです。

本当に家庭を手放して良いのかはしっかりと考える必要があります。

不倫相手をストレートに選べないのは相手を守る覚悟がない証拠

不倫相手をストレートに選べないと言うことは、感情に任せて行動する情熱もなく、相手を守りきると言う覚悟もない証拠です。覚悟がある場合はどのように課題を解決していくかが優先されるため、迷うことがなくなってしまうからです。

覚悟がないということは意気地がないということではなく、相手に守るだけの魅力を感じていないだけの場合もあります。遊ぶには都合が良くても、守るほどの価値を感じていないことを本能が理解しているのです。

浮気相手を幸せにするにしても、自分が幸せになるにしても、根拠が薄ければ迷いが生じ、事態の悪化を招くことが多いのです。まずは本当に不倫相手が好きなのか、ただ都合がよい関係に溺れていただけではないか確認することが重要になります。

あなたが絶対に後悔しない選択をするには?

絶対に後悔しない選択をするには、しっかりと考え、メリットとデメリットを比較をする必要があります。

十分な比較検討ができていなければ、後から振り返ってああしておけばよかった、こうしておけばよかったと考えるきっかけになります。少なくとも、現在の自分のベストな答えと言えるまでは考え抜く必要があります。

注意したいのは即決しなければいけないことがあることです。浮気がばれていないつもりでも、ちょっとした仕草や週間の変化から浮気を見抜く人もいます。

探偵などを雇って浮気長を行うことが珍しくなくなっているだけでなく、思わぬところから情報が流出する場合もあります。

自分や浮気相手のSNSへの写真投稿や、誰かの写真に偶然写りこんだものが拡散されてあっという間に収拾不可能な自体になる場合もあります。いざという自体は明日になるかも知れず、気づいてからでは後手に回ってしまう可能性もあるのです。

どちらにしてもリスクを考え選ぶことで覚悟を決めよう

時間は有限です。また、自分が不倫をしている間、家庭でなにが起こっているか正確に把握することは不可能です。バレていないつもりがすでにバレていて、決定的な証拠を掴むために泳がされていると言うケースもあります。

浮気は長期にわたるほど、また、回数が多いほど慰謝料の請求や裁判で不利になります。自分の結婚相手だけでなく、相手に別の恋人がいて探偵に調査を依頼している場合など、思わぬ方向から矛先を向けられる可能性もあるのです。

浮気は社会的には悪であり、許されないものです。浮気に寛容な人もいますが、民法上は厳しく追及される恐れがあり、社会的な信用を失う可能性もあります。

そして、証拠を掴まれてしまえば浮気をした言い訳はほとんど通じなくなるのです。

家庭に不満がないのであればなおさらです。許す許さないは結婚相手に一存される形になってしまい、どのような形で決着がつくか見えなくなります。

自分が許して貰えると思ってもそうはいかないケースが多く、認識の甘さが命取りになる場合も多いのです。

結果的に裁判が泥沼化し、浮気相手ともうまくいかなくなる場合があることに理解が必要です。

離婚するのであればそれだけのことを覚悟する必要があり、その覚悟が出来ないのであれば浮気をやめる覚悟が必要になるのです。

離婚したときの慰謝料や世間体などリスクを考えてみる

浮気が原因で離婚した場合は、浮気をした側が慰謝料を支払う必要があります。交渉がうまくいかなければ裁判になり、離婚までの道のりが長引く可能性もあります。

慰謝料だけでなく弁護士費用や裁判のための各種手続きの時間が浪費される可能性もあるのです。

慰謝料は相手の収入と自分の収入を比べた上で、割合で算出されることが多くなります。自分の社会的な地位が高く、収入が高いほど高額になります。

また、浮気をしていた期間なども勘案されます。子供場いる場合は養育費などの支払い義務が生じる可能性があり、経済的な負担は非常に重いものになる場合があります。

世間体の問題もあります。浮気や離婚などの情報は広まりやすく、後から取り消せないことが多くなります。とくにネット上で拡散した情報を消すことは困難になり、場合によっては仕事に影響をきたす可能性もあります。

もちろん、裁判が行われる場合は仕事との調整が必要になります。

引越しを余儀なくされるケースもあります。世間体が重視される仕事や地域の場合は、同じ場所で仕事をすること自体が難しくなるケースがあるからです。

嫌がらせなどを受けて、精神的にダメージを追ってしまうことも考えられます。離婚をした場合は、不倫の相手に矛先が向かうケースもあります。

離婚した後に想定外と思っても誰も助けてはくれないため、そのリスクを飲めるかどうかが重要になってくるのです。

-不倫の悩み

Copyright© 電話占いを無料でお試し体験!当たる電話占いランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.