陰陽師「安倍晴明」が極めたとされている「六壬神課占い」。生年月日を利用して、現在直面している解決不能のお悩みを解決へと導く手助けをしてくれます。今回はそんな六壬神課占いの占い方や意味について解説していきます。

占いの種類

六壬神課占いとは?~十干・十二支・十二天将・六親星の象意の解説~

更新日:

六壬神課占い
六壬神課とは古来中国で成立した占術で「りくじんしんか」と読みます。

歴史はとても古く、紀元前2600年ごろ、中国の皇帝が女神である九天玄女(きゅうてんげんにょ)より伝授されたという伝説が残っています。

時刻を基に天文と干支術を組み合わせて占います。複雑なルールと手順があり、正しい判断ができるようになるには、深い知識と経験が必要です。

[PR]無料でお試し体験できる電話占い↓↓
電話占い 無料

日本における六壬神課とは

日本には飛鳥時代に伝わったとされ、陰陽師として有名な安部清明はこの占いを得意とし、天皇に進言した結果が残っています。

絶大な信頼のあるこの六壬神課を多くの陰陽師たちが使っていたようです。六壬神課は日本では江戸時代に衰退し、一時途絶えてしまいましたが、中国では継承され続け、その後、昭和初期に再び日本に伝えられたといわれています。

六壬神課で何が分かるのか

占いには一生の運勢や今年の運勢など、漠然とした遠い未来のものを占うものがありますが、六壬神課は、今現在直面している問題を解決する糸口を見つけることができます。

ただし、占いたいと思った時刻を起源に占うため、何度も占うのには向いていません。もし、何度も占う場合には最初に占おうと決めた日時を正確に覚えている必要があります。

六壬神課の占い方

六壬神課では月将(太陽の黄道上の位置の指標)と時刻の十二支から、天地盤と呼ぶ天文についての情報を取り出します。これと干支術を組み合わせて占います。月将は西洋占星術のサン・サインと1対1の関係があり、天地盤の構成はホロスコープと同じくサインとハウスだけです。

1、占おうとした時刻において、月将と、時刻の十二支から天地盤を作ります。
2、占おうとした時刻において、日の干支と天地盤から四課を出します。
3、四課と天地盤から三伝を出します。
4、天地盤の天盤十二神に十二天将を配布します。
5、空亡、徳神、禄神と言った吉神凶?を天盤十二神に配布します。
6、四課三伝、天地盤の特徴から特殊な構成に当てはまるかどうか判断します。

六壬神課で必要な道具

六壬神課では天地盤が必要となります。この天地盤作成のために、式盤を使用することがあります。天盤と呼ばれる円形の盤と地盤と呼ばれる方形の盤を組み合わせ、円形の天盤は回転します。式盤の形は中国でうまれた天円地方の考えになぞっています。この作り方は何通りもある上、非常に難解です。

六壬神課の十干と十二支

十干

天干ともいい古代中国から考えられた思想で陰陽五行説と強く結びついています。

甲(きのえ) 木の兄、陽の木性
乙(きのと) 木の弟、陰の木性
丙(ひのえ) 火の兄、陽の火性
丁(ひのと) 火の弟、陰の火性
戊(つちのえ) 土の兄、陽の土性
己(つちのと) 土の弟、陰の土性
庚(かのえ) 金の兄、陽の金性
辛(かのと) 金の弟、陰の金性
壬(みずのえ) 水の兄、陽の水性
癸(みずのと) 水の弟、陰の水性

十二支

地支ともいい、六陰六陽にわけられます。

子(ね) 陽の水性
丑(うし) 陰の土性
寅(とら) 陽の木性
卯(う) 陰の木性
辰(たつ) 陽の土性
巳(み) 陰の火性
午(うま) 陽の火性
未(ひつじ) 陰の土性
申(さる) 陽の金性
酉(とり) 陰の金性
戌(いぬ) 陽の土性
亥(い) 陰の水性

六壬神課では、この十干と十二支だけで象意を読み取らず、日干との関係や、十二支同士の五行の相剋で吉凶を決定します。

十二天将の象意

六壬神課で使用する象徴体系の一つであり、北極星を中心とする星や星座に起源を持っています。仏教における十二天とはまったく別物です。問題などに関係している物事を知ることが出来ます。

貴人(きじん) 象意:気品と高貴がキーワードです。貴重品、慈悲、人物なら目上、立派な人、品物なら高価なもの、事柄なら社会的地位です。
騰蛇(とうしゃ、とうだ) 象意:恐怖と残忍さがキーワードです。人物なら心の悪い人、恐ろしい人、品物なら火、血、刃物、事柄なら残忍で恐ろしいことです。
朱雀(すざく) 象意:派手で学問的な知恵がキーワードです。人物なら学者や先生、品物なら文字や書籍や高価な贅沢品、事柄なら著作や派手なことです。
六合(りくごう) 象意:和合と交際がキーワードです。人物なら友人や楽しく明るい人、品物なら良い契約書や楽しい手紙や宴会、事柄なら良い取引や婚姻です。
勾陳(こうちん) 象意:愚直と争いと遅さがキーワードです。人物なら警察やのろまな人、品物なら兵器や機械、事柄なら戦争や争いごとです。
青竜(せいりゅう) 象意:富栄と活動と勢いがキーワードです。人物なら富豪や立派な人、品物なら大金、値段の高いもの、事柄なら金儲けや商売です。
天空(てんくう) 象意:すべてを失う、損失、がキーワードです。人物なら役にたたない召使、詐欺師、品物なら表面だけ立派で中味の無いものや価値のないもの、 事柄なら損害や消耗です。
白虎(びゃっこ) 象意:即断すぎることと乱暴さがキーワードです。人物なら冷酷な人、乱暴な人、品物なら凶器や刀や乗り物、事柄なら刃傷沙汰、手術、死亡といった凶事です。
太常(たいも、たいじょう) 象意:忍耐と日常性がキーワードです。人物ならおっとりとした人や主婦、品物なら食物や衣類、事柄なら飲食、酒食です。
玄武(げんぶ) 象意:陰険さと邪悪さと非誠実さがキーワードです。人物なら泥棒、強盗、邪悪な人、品物なら粗悪品や盗品、寝具、事柄なら陰謀、逃亡です。
太陰(たいいん、だいおん) 象意:清純な女性らしさ、消極、正直、公正さがキーワードです。人物なら女性、清らかな人、品物なら清潔感のあるもの、消臭剤、石鹸、事柄なら公のことです。
天后(てんこう) 象意:柔軟さと色気と情感がキーワードです。人物なら妻、色っぽい女性、品物なら女性の持ち物、化粧品、事柄なら女性に関すること全てです。

 

六親星の象意

兄弟 われと同じもの 四柱推命でいうと、比肩、劫財です。つまり、人物では兄弟、友人、同僚、競争相手、事柄では出費、浪費、争いとなります。
子孫 われから生ずるもの 四柱推命でいうと、食神、傷官です。つまり、人物では子女、孫、自己を守るもの、医者、警察、伴侶、目下、口が達者で交際上手な人、事柄では生産、サービスといったことになります。
妻財 われから剋するもの 四柱推命でいうと、偏財、正財です。つまり、人物では、妻、部下、父親、事柄では事業、金儲け、金銀財宝、商売ということになります。
官鬼 われを剋するもの「陰陽特例あり」 四柱推命でいうと、偏官、正官です。つまり、人物では、夫、裁判官、人を支配する者、目上、上司、事柄では就職、出世、疾病、災難、なやみ、女性の結婚ということになります。
父母 われ(自分)を生ずるもの 四柱推命でいうと、偏印、印綬です。つまり、人物では、父母、先生、社長、事柄では名声、勉強、楽しむことになります。

これを利用して、課式の示す物事を占っていきます。

六壬神課とは複雑だからこそ詳細まで見れる占術

上記で説明したように、六壬神課は、とても複雑で難解です。しかしだからこそ、あらゆる象意が詳しく分かり、自分と相手、自分と物といった二者関係においてその関係の吉凶や、この先に起こるであろう出来事を細かく占うことができる占いだといえるでしょう。

-占いの種類

Copyright© 電話占いを無料でお試し体験!当たる電話占いランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.