算命学占いとは?~守護神・天中殺・陽占・陰占の解説~

皆さんは、算命学占いという言葉を聞いた事はありますか?

算命学と言われても何の事かなかなか分からない方も多いと思いますが、この算命学占いが現在注目を集めているのです。

そこで今回はそんな算命学占いについて書いていきたいと思います。

算命学占いとは

最近注目を集めている算命学占いですが、実際にはどのようなものなのでしょうか?

算命学占いについて知るためにはまず算命学がどのようなものなのかを理解する必要があります。なのでまずは算命学について説明していきます。

算命学とは

算命学というのは学問の1つで、約4000年前に中国で発祥した自然科学などをベースに作られた人間学のことです。現在は占星術で人生鑑定などを行う時に多く用いられています。

算命学では、その人の守護神や持って生まれた星などを見る事で、特性や宿命などを算出することが出来るのです。

守護神とは?

算命学では守護神見る事によってその人の特性や宿命などを算出することが出来ますが、ここでいう守護神とはどのようなものなのでしょうか?

算命学で見る守護神というのは、その人が生まれ持っている守り神のようなもので、生きていく中での運勢を安定させる役割を持った存在であると言えるでしょう。この守護神の存在が算命学占いを行っていく上でとても重要な要素になってくるのです。

天中殺とは?

算命学を行っていくと、天中殺という言葉を耳にする機会があると思います。この天中殺というのがとても厄介なものであり、守護神とは正反対のようなものです。

算命学における天中殺というのは、何をやっても上手くいかない期間のことを指しており、この期間に何かをやろうとすると天からの全くご加護を受けることが出来ないため、物事が上手くいかないと考えられています。

そのため、算命学占いで重大なことを占う際はこの天中殺の期間に注意をして、その期間を避けて物事を進めていくことをオススメします。

天中殺の期間とは

何をやっても上手くいかない期間といわれている天中殺ですが、どの程度の頻度で訪れてくるのでしょうか?天中殺というのは誰しもに平等に訪れるものであり、その頻度は12日のうちの2日間、12ヶ月のうちの2ヶ月間、12年のうちの2年間。といった具合に訪れてきます。

算命学から見る2人の相性

算命学占いでは、相性を占うことが出来ます。相性を占うためには命式といわれるものを算出しなければなりません。では命式とはどのように算出するのでしょうか?また命式を使って相性を占う方法はどのような方法なのでしょうか?

命式とは

算命学占いでは命式といわれる、縦3マス横3マスの計9マスに占う人の生年月日から計算した干支を当てはめたものを利用して占いを行っていきます。

この干支の計算はとても複雑でありますが、生年月日を入力するだけで自動的に計算してくれるソフトも存在しており、それを利用すれば誰でも簡単に計算することが出来るようになりました。

命式を利用した相性占いの方法

算出学占いではこの命式を利用することで相性占いをすることも出来ます。その方法は、まず相性を占いたい相手の命式と自分自信の命式を算出します。

その後、2つの命式を見比べることで相性占いを行うのです。自分と相手の命式の中にお互いの守護神などがいた場合は、とても相性がよくずっと一緒にいるという暗示になります。

日干から見る本質

これまでで命式について説明してきましたが、この命式のマスの中でも左上のマスに入る十干から分かる本質のことを日干という風に呼びます。

ではこの日干には十干によってどのような意味があるのでしょうか?

日干における十干の意味

日干における十干が示す本質は以下の通りになります。

樹木を意味しており、時間をかけて成長する人という意味を持っています。
草花を意味しており、芯が強くどのような環境でも生きていける人という意味を持っています。
太陽を意味しており、明るく人生を楽しむ人という意味を持っています。
灯火を意味しており、繊細な心の持ち主という意味を持っています。
山岳を意味しており、行動力はあまりないけれど器の大きな人という意味を持っています。
大地を意味しており、優しく粘り強い人という意味を持っています。
金属を意味しており、強い心を持ったまっすぐな人という意味を持っています。
宝石を意味しており、プライドが高く品がある人という意味を持っています。
海を意味しており、夢とロマンを追い求める自由な人という意味を持っています。
雨を意味しており、博愛主義者で常識的な人という意味を持っています。

陽占とは

算命学占いを行う際には、陽占と陰占という2つの考え方が存在しています。陽占というのは、私たちが意識する事の出来る要素のことで、性格や考え方などその人が生まれてから身につけてきた要素のことを指します。

陰占とは

では陰占とはどのようなものなのでしょうか?陰占というのは、陽占とは逆で私たちが意識して身につけることが出来ない、本能や生まれ持った素材などの要素のことを指しているのです。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

西洋占星術とは?~10天体の意味や星占いの仕組みについて解説~

NO IMAGE

誕生日占いとは?~生年月日を利用した9種類の性格について解説~

NO IMAGE

東洋占星術とは?~西洋占星術との違い・過去、未来について解説~

NO IMAGE

四柱推命とは?~干支・十干・十二支・星・蔵干通変星・十二運星の解説~

NO IMAGE

血液型占いとは?~A型・B型・O型・AB型の相性の解説~

NO IMAGE

0学占いとは?~水王星・月王星・金王星・木王星・火王星・土王星の解説~