四柱推命とは?~干支・十干・十二支・星・蔵干通変星・十二運星の解説~

電話占い 無料
四柱推命

四柱推命(しちゅうすいめい)は、中国発祥の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を元にしてできた占いです。

四柱推命という名称は日本でしか見られず、元になった中国の資料では見受けられませんが、英語圏でも同じ手法が使われており、世界的に有名な占い方法です。

四柱推命は東洋占星術という占いに分類されます。占星術には東洋占星術と西洋占星術がありますが、東洋にしても西洋にしても占星術というのは、「星」という字が「生」まれた「日」と書くことからも分かるように、生まれた日を元に占いを行う運命学です。

四柱推命も東洋占星術のひとつですから、同じように生まれた日から運命を占います。四柱推命では生まれた日を四つの柱に見立てて性格や運命の傾向を推測します。以下では四柱推命について詳しく解説していきます。

四柱推命の特徴と解説

すでに説明したように、四柱推命では生まれた日を元に占いを行います。生まれた日とは、生まれた年・月・日付・時刻のことを言います。年、月、日、時間をそれぞれ「年柱(ねんちゅう)」、「月柱(げっちゅう)」、「日柱(にっちゅう)」、「時柱(じちゅう)」と呼ばれ、まとめて四柱と言います。

これが四柱推命たる所以です。生まれた時間を知っている人はそう多くないかもしれません。時間を知らないと占いができないかと言うとそんなことはないので心配はいりません。特に日本においては、実際に占いを行う場合に、生まれた時間の「時柱」を使わずに占いを行う場合が多いです。

この四つの柱は、人生を四分割した各時期に当てはめられ、それそれの時期において干支や星を当てはめたものを四柱推命式と呼びます。この式から運命が推測されます。

四柱とは

さて四柱は人生の時期を表すのでした。あくまでも目安ですが、「年柱」は人生の初年期(0~19歳)の運気を表し、「月柱」は中年期(20~39歳)、「日柱」は晩年期(40歳~)の運気を表すとされています。

また、金運や仕事運、恋愛運が知りたいという場合にも、この四柱を参考にします。「年柱」は社交面や外面における運気を表しますので、目上の人や親、上司との関係を知りたい場合には「年柱」を見ます。

仕事や家庭における運気が知りたい場合には「月柱」、自分の才能や恋愛運を知りたい場合には「日柱」を見ればよいという具合です。占いの項目は、干支、通変星、蔵干通変星、十二運星などがあります。各項目については以下で解説します。

干支とは?

干支(かんし)は、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせたものです。十干は甲、乙、丙、丁、戊、庚、巳、辛、壬、癸の10種類から構成されており、十二支は子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類から構成されています。これらの組み合わせで干支は60種類存在しています。

年も月も日も、全て60種類のいずれかに分類されます。この干支がさまざまなメッセージを示してくれます。60歳のお祝いを還暦と言いますが、これは生まれた年から60年経って、干支が一周巡ったことをお祝いしているのです。十干と十二支についてもう少し詳しく見てみましょう。

十干の種類

十干は甲(こう、きのえ)、乙(おつ、きのと)、丙(へい、ひのえ)、丁(てい、ひのと)、戊(ぼ、つちのえ)、己(き、つちのと)、庚(こう、かのえ)、辛(しん、かのと)、壬(じん、みずのえ)、癸(き、みずのと)の10種類のことを言います。

古代中国で、一ヶ月を上旬、中旬、下旬に分け、それぞれの10日間を1日目から順に甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸としたことが起源とされています。読み方が二つありますが、これは陰陽五行説に当てはめたときに五行のそれぞれを分けて陽を兄(え)、陰を弟(と)としたためです。

つまり、五行の火の陽は、十干の丙にあたるので、丙は「火の兄(ひのえ)」と読むというわけです。

十二支の種類

十二支は既にご存知の方も多いでしょう。子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類のことを十二支と言います。

十二支の起源ははっきりとしていませんが、1年の12ヶ月を表すのに使われたと言われています。月だけでなく、年や日、時間、方位にも使われています。

干支を用いた推察の方法

年柱、月柱、日柱、時柱に来る十干を天干(てんかん)、十二支を地支(ちし)と言います。また、年柱の天干のことを年干(ねんかん)と呼び、月柱の地支を月支(げっし)と呼ぶこともあります。

干支を用いた推命では、日干、すなわち日柱の天干を中心として、他の天干や地支が日干にどういった影響を及ぼしているかを元に様々な事象を推察します。

通変星・蔵干通変星の解説

通変星(つうへんせい)と蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)はどちらも星を指しています。「比肩(ひけん)」、「劫財(ごうざい)」、「食神(しょくじん)」、「傷官(しょうかん)」、「偏財(へんざい)」、「正財(せいざい)」、「偏官(へんかん)」、「正官(せいかん)」、「偏印(へんいん)」、「印綬(いんじゅ)」の10種類のうちいずれかの星が割り当てられます。

通変星は、その人の内面や精神性を表し、性格、特徴、能力、適性、人との関わりなどを判断することができます。蔵干通変星は、行動や本質、原点など表面に現れるあなたを表します。

蔵干とは

同じ月に生まれた人でも、節入りから何日目に生まれたかは人によって異なります。これを月律(げつりつ)と呼びます。地支にあたる十二支には、蔵干(ぞうかん)と呼ばれる2つまたは3つの干が含まれています。

この蔵干は、書物によって異なりますが、既に決まっていて、節入りから生まれるまでの日数と時間によっていずれかの蔵干が選ばれます。四つの柱それぞれにひとつの蔵干があります。

通変星とは

通変星は、その人の性格や特徴、能力、適性、人との関わりなどを占う上で、最も大切な星です。他の天干が日干に対してどのような意味を持つかを表す用語です。

どちらかというと人の内面や精神性を表す星なので、占われた結果が表に出ていない場合もあります。したがって、通変星に激しい気性の星が出た人は、一見穏やかそうであっても内側ではまったく別の考えをしている可能性もあります。

蔵干通変星とは

蔵干通変星は、四柱推命においてもっとも重要な星であると言えます。日干に対して他の蔵干がどのような意味を持つかを占います。

特に、月柱の蔵干通変星は、「主星(しゅせい)」と言って、社会で活躍する上でもっとも重要な星です。日柱は自分自身の本質、年柱はその人の原点を表します。

十二運星とは

十二運星(じゅうにうんせい)は、運勢の良し悪しや盛衰を占います。「長生(ちょうせい)」、「沐浴(もくよく)」、「冠帯(かんたい)」、「建禄(けんろく)」、「帝旺(ていおう)」、「衰(すい)」、「病(びょう)」、「死(し)」、「墓(ぼ)」、「絶(ぜつ)」、「胎(たい)」、「養(よう)」の12種類があります。

同時に性格や才能も意味しているので、十二運星の解釈は、命式全体を通して総合的に見る必要があります。病や死などネガティブな語が現れていますが、占い結果では直接的に言葉の意味につながるわけではないので、これらの星が出ても心配する必要はありません。

関連記事

NO IMAGE

動物占いとは?~四柱推命を基にした12種類の動物からみる性格診断の解説~

NO IMAGE

ルーン占いとは?~占い方や24種類のルーン文字の解説~

NO IMAGE

守護霊占いとは?~霊視・霊感からあなたの守護霊を見る方法について解説~

NO IMAGE

算命学占いとは?~守護神・天中殺・陽占・陰占の解説~

NO IMAGE

インド占星術とは?~前世・現世・未来を占う方法と占いの種類を解説~

NO IMAGE

易学占いとは?~中国古来の陰陽思想に基づく六十四卦の解説~