W不倫が終わるタイミングはどんなとき?不倫の終わり方ベスト5

W不倫に陥っても、ずっとその関係が続くことはなく、いつか終わりが訪れます。不倫に落ちた場合は終わらせるタイミングが重要で、タイミングを誤ってしまうと引きずる恐れがあります。

不倫を引きずると自分の生活に悪影響を及ぼすだけでなく、家庭を壊すきっかけにもなります。相手や自分の気持ちが制御できなくなってきた場合も含め、終わらせるとはキッパリと決別する必要があるのです。

具体的な目安を作っておくと、いざというときに迷うことが少なくなり、精神的な負担が減ります。

倦怠期(マンネリ化)に陥ったとき

W不倫においても倦怠期は存在し、関係がマンネリ化してしまうことがあります。実際にあって会話しても刺激を感じず、相手への魅力や興味が薄れてきたらお別れのサインです。倦怠期を乗り越えてしまうと別れるタイミング見つけられなくなり、泥沼にはまってしまうケースもあります。

倦怠期は連絡自体が面倒に感じることが多く、会っても良かったという感情が残りにくくなるのが特徴です。相手の荒が目立ち始めたときや、進んで悪いところを探すようになった場合は、終わらせてしまった方が良い思い出として残りやすくなります。

後から振り返って一時的な気の迷いだったと思えることも多く、不倫を癖にしないためのポイントにもなってきます。相手の良いところを探すことも重要ですが、不倫は長引くほど周囲にばれるリスクが大きくなります。

短いサイクルで関係を切ることも含め、決断できるときに終わらせた方が後を引かないのです。

どちらかに子供が出来たとき

どちらかに子供が出来たときは関係を終わらせるタイミングになります。子供が出来ると子育てが忙しくなり、時間がとりにくくなります。また、時間が取れない中で無理に会ったりしようとすれば、周囲に不審に思われる原因となります。

子供が成長する上で、親の影響が大きいのもポイントになります。時間を作って子供と接する時間を増やさないと、後々の親子関係の構築などにまで影響を及ぼすからです。相手から別れを切り出されたときに承諾するだけでなく、自分から終わりを宣言する配慮も重要になります。

不倫相手よりも子供の方が自分との付き合いが長くなる可能性が高く、将来があることも考える必要があります。

どちらかの好きが止まらなくなったとき

どちらかが好きという気持ちが強すぎる場合も、W不倫を終わらせるタイミングになります。好きという気持ちが優先されれば家庭がないがしろになる可能性が高くなります。お互いにとって不幸な結果になりかねないのです。

W不倫をする場合は事前にルール作りをすることが大切になります。これは関係を維持する上で重要になるだけでなく、気持ちのブレーキが効くかどうかを見極める線にもなります。ルールよりも感情を優先するようになった場合は、周囲にもばれるリスクが高くなり、人目よりも自分が大切になっているという証明になってしまうからです。

不倫は社会的に悪いこととされていて、不倫をすれば民法上の責任を追及される可能性が高くなります。家族などに裁判を起こされれば勝つことは難しく、慰謝料などを請求される可能性が高くなります。また、別途不倫相手にも慰謝料の請求が可能なため、大きな打撃になってしまうこともあるのです。

家庭を失うだけでなく、不倫相手も失い、手元には何も残らない可能性も出てきます。場合によっては仕事を続けることも難しくなります。どちらかの好きという気持ちが強すぎる場合は強引にでも離れた方がよく、幕引きをはかった方が良いことが増えてくるのです。

時間や金銭的に苦しくなったとき

時間や金銭の問題も重要になってきます。不倫をするのにもお金がかかるケースが多く、例えお金を相手が負担したとしても時間は消費されていきます。浮気相手に費やす時間が増えれば家庭に問題が生じる可能性が高くなります。両立するための工夫が必要になりますが、環境の変化がそれを許さない場合もあります。

家庭を維持するためにはお金が必要で、同様に時間や手間も必要になります。お金だけ家庭に入れても家族関係が成立するとは限らず、不仲などを理由に離婚を切り出される可能性もあります。人間はコミュニケーションが必要な生き物であり、家族を大切にしなければその対価を求められる場合があるのです。

気づかずに放置して、取り返しのつかなくなるケースもあります。問題があると感じたときは引き返す最後のチャンスと言うときもあります。不倫の優先度は家庭よりも下です。また、自分の人生の優先順位も不倫より高く、自分を生かすためにも決断が必要な場合があるのです。

金銭を相手に頼る関係になれば、相手の家庭に負担がかかりかねないのも考慮する必要があります。今が良くても数年後、数十年後、あるいは老後のことまで考えて終わらせた方がよい関係もあるのです。

不倫相手の家族や幸せを考えたとき

不倫を楽しいと思える瞬間はありますが、それが将来のためになるか考えることも重要です。特に不倫相手の家族や幸せを考えることも重要で、自分だけが幸せになることを考えると不公平が生じます。無意識のうちに相手のストレスになっていることも多く、関係が長引くにつれ影響が大きくなることも多いのです。

不倫の初期であれば、好きという気持ちや、楽しいと言う気持ちが現実を忘れさせてくれます。しかし、忘れても現実は現実として存在し、時間も過ぎていきます。不倫に将来性は無いため、未来がない関係のために時間やお金を使っていいのか考えなければならないのです。

時間とお金を使い続ければ、不倫相手が幸せになる選択肢を奪うことになります。不倫をしなければその時間を別のことに使うことが出来、より豊かな生活などを手に入れられるかもしれないのです。

家族が望んでいる幸せな時間を奪っている可能性もあります。相手のパートーナーが本当のことを知ったらどうなるか考えれば、自然とブレーキがかかるという人も多いのです。

楽しいだけで人生を生き抜くことは難しく、それは自分も相手も一緒です。相手のためを思って関係を終わらせることが必要になる場合もあるのです。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

不倫相手の彼から突然の別れ話!上手に別れを回避する方法をご紹介

NO IMAGE

W不倫中にばれない上手なメールのやり取り5パターン

NO IMAGE

W不倫経験者が語る!W不倫とセフレの違い

NO IMAGE

W不倫の彼と上手に別れることができる5つの方法

NO IMAGE

W不倫してたけど別れた…終わった不倫生活の気持ちの切り替え方

NO IMAGE

W不倫中の彼から別れを感じたときに回避する方法10選